読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田村ゆかり LOVE LIVE2013に参加してきたので、感想を書いてみる

http://instagram.com/p/a5tYZjDMKS/

 友人(@ug3)のお誘いで田村ゆかりのライブ「田村ゆかり LOVE LIVE 2013 *Cute'n Cute'n Heart」土曜日(2013/06/22)分を見に、さいたまスーパーアリーナまで行ってきました。

 もともと高校生・大学生ぐらいのとき強烈なAMラジオリスナーで色々聞いていた中に、田村ゆかりのラジオがあって「面白い人だなー」という認識だったり、アニメでの演技がすごいなーという声優としての面をずっと見てきていたのだけど、歌手としての田村ゆかりはこれまであまり認識して来なかったというところがありまして。
 そんなことを思っていた2年前、上記の友人にUSJ田村ゆかりの出るイベントがあるから、見に行かないか?」と誘われ見に行ったところ、これがすっごく面白かった。そんなわけで今度は単独ライブを見に行きたいなーとずっと思っていたのですが、チケットが取れなかったり予定と合わなかったりして、ずるずると時間が過ぎていたところ、今回のお誘いがあったのでした。

実際に見て

 いろいろはしょって一言でいうとすごかったUSJイベントで片鱗は見えていたけど、初参加でこんなに楽しめるとは思わなかった。

 さいたまスーパーアリーナけいおん!!のライブで行ったけどやっぱり広い。今回見ていた場所は二階席の最前列、ステージから見て左側というところで全体が見渡せるような位置で、この席は雰囲気を味わいたい人には非常によい席だったと思う。

 USJでのイベント見てたときも思ったけど、田村ゆかりという人は「一流のエンターテイナー」なんだと肌で感じた。田村ゆかり自身のキュートな歌声、ラジオでならしたMC(客いじりの圧倒的なうまさ)、と個人の力量もさることながら、ファンをどう楽しませるかということを追求した姿勢をこれでもかと見せてくれる。
 そしてスタッフもその姿勢に答えて、どういう構成でライブをやってみんなが楽しくなれるか、綿密に計算しているだろうし、ハプニングすらもがっつり取り入れてしまう。(自分が見た初日だと、靴紐がほどけたところとスタッフのとある行動が偶然田村ゆかりのスカートに引っかかってまくれるシーンでのカメラが的確に映していた)

 「ぶーさんに見せたかった」と@ug3に言われたバックバンド桃色男爵も凄腕ばかり。バックバンドのみで1曲まるまるやったり(どこのフュージョンバンドかと思った)、fancy baby dollの間奏部分がソロバトルになってたりと見どころはいっぱい。音楽的にも満腹感を味わえました。

 演者・スタッフともにがっちりと団結してエンターテイメントを見せてくれる、こんなにも楽しいものはなかなかないですよ。

積み重ねが見えた

 ステージを見ててずっと考えていたのは、安っぽい言い方になってしまうけど、田村ゆかりは努力の人であるということ。ライブ中に「下積みが長かった」ということも言ってたけど、そういう努力を人一倍重ねてきた結果が今の田村ゆかりなんだということがなんだか腑に落ちる。特にそれを見せつけているわけではないけど、ステージで歌い踊る彼女を見ると納得してしまう。
 アンコール後、会場のすべてのファンに対してずっと手を降っていた田村ゆかりを見ながら、こんなにもファンに愛され「ゆかり王国」とまで言われているのは、そういうことなんじゃないかと思いました。

 ほんとみんな一回は見に行くべきだと声を大にして言いたい。自分も次回行く機会があるなら、今回あまり予習できなかったからきっちり予習していきたいなー。ということで、どこから手を付ければよいのか誰か教えて?