読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイドルマスター楽曲のハイレゾ配信

www.e-onkyo.com

2/24からe-onkyoで先行配信が始まったので早速何点か購入。ということで聴いてみた感想など記してみる。波形がどうとかは得意な人やるでしょうから、聴いてどう思ったか中心で。ちなみに自分はmacOS SierraでAudirvana PlusにAL-9628D、ゼンハイザー HD598を使用しています。

ゼンハイザー オープン型ヘッドホン HD598【国内正規品】

ゼンハイザー オープン型ヘッドホン HD598【国内正規品】

Miracle Night (M@STER VERSION)

CDから全体的にグレードアップしたなぁという印象。音の鳴りがいっそう広がったなという感じで、曲名にふさわしい空間が聴いていて心地よいなぁと思います。イントロからアコースティックギターとピアノの絡みが綺麗に響いていてたまらんです。2番の少数の楽器とおのおのがボーカルをとって行く箇所にははっとさせられるし、そこからいくつもの楽器が重なって盛り上がっていくところはなんか涙出てきますね。

SMOKY FRUITS

今回の配信だと一番期待してた曲。ブラス隊とかベースとかどーなるかなと思ってましたが、いやすばらしい。結構CDのときには聴き取れてなかった音を発見したので、そういう意味でも期待以上の内容になっていました。ブラス隊が気になっていたのは以前アイマスCDについてきたBD-Audio版でブラス隊の高音がやたら耳に痛かったことがあったので、今回はまったく問題ないので曲自体にがっつり入り込んでいけたのはよかったですね。

ほんとこの曲、生楽器使ったライブで聴きたい。

ハイファイ☆デイズ (M@STER VERSION)

ギターのリフなんかに注目して聴くと、どういう感じで弾いてるかなんかはわかるようになった。ボーカル部分も音に余裕があって、全体的に個々の音がきっちり聞こえるようになっている感じはする。曲が終わった瞬間のシンバルの余韻なんかはCDだと気にしたことはなかったので、そういう発見はあった。

これは初めてハイファイ☆デイズをハイレゾ配信版を聴いた印象だけど、そこからは特に変わってないかな。CDのほうだと全体的にぱつぱつの音になっていてボーカルも多少ひずんだ印象があったりしたのだけど、L.M.B.Gというユニットの特性、幼さとか勢いとかを音にのせる・ある種の団結力を感じさせるという意図を感じたし音作りとして最高だなと思っていたのでハイレゾ配信版で若干アク抜きされたかなという感想になる。ある基準を置いたときに「悪い音」とばっさり言っちゃうのはまあ気持ちのよいことだが、まあ適材適所ですよね。

生存本能ヴァルキュリア (M@STER VERSION)

イントロのギターリフがCD以上に揺らいでいるように聞こえて、ちとびっくり。やっぱり全体的に音が広がって聞こえていて、グレードアップしている。バスドラムのタイトさとスネアの響きがとても耳に残る。スネアロールのところなんかほんと気持ちいいよね。佐藤亜美菜の声がブレス多めなのでCDと比べるとしっかり存在感を出していていい。この曲も終わった瞬間の余韻が心地いい。

Tulip (M@STER VERSION)

ベースがもうちょっと存在感出ていたとCDでは思っていたのだが、ハイレゾ配信版では思ったより目立たない。初め聴いたときは楽器隊に比べてボーカルの広がりが物足りない感じがしていたが、今もその印象は変わらない。個人的にはCD版のほうがまとまっていて好みである。

Snow Wings (M@STER VERSION)

実はあんまり期待していなかったけど、ボーカルがとても綺麗。CDだと複数人が歌う箇所がごちゃっとして塊になってる印象だったけど、ハイレゾ配信版は複数人が歌っていることがわかりしかもその響きが気持ちいい。声を伸ばすところなんか最高ですね。それにしても福原綾香の声が強い、ほんとに強い。

Yes! Party Time!! (M@STER VERSION)

CDだとサビ部分の楽器がごちゃっとした印象だったが、容易に聴き取れるのはうれしい。コロムビア音源だとCDでも楽器の音を聴くのはそれほど大変じゃないけど、ハイレゾ配信版でさらに良い感じに。こちらでも複数人の声がちゃんと別々に聴き取れるのはほんとよいです。総選挙曲系とかだととても楽しいことになりそう。

とどけ!アイドル

CDより全体的にゴージャスな印象。なんかとてもキラキラしてていいですねー。やっぱり全体的な傾向としてハイレゾ配信版はCDよりも音像がわかりやすくなっていて音の余白があるように感じますね。

トキメキの音符になって

ここからランティス音源。

コロムビア音源から続けて聴くと、同じ音量レベルなのにめっちゃうるさい。曲自体は箱崎星梨花らしくて、ライブとかで聴くのは好きなんだけど……CDよりも音像もわかりやすくなっているし余裕も感じられる。

Maria Trap

こちらもずいぶん聴きやすくはなった。小岩井ことりの左右にパンされる台詞部分は結構ぞくぞくとすし、幼さ感じる声からドスのきいた声に変化するところとか面白い。とはいえ大本の音作りの時点であんまり自分の好みではないなぁというところがある。(ボーカルの聴かせどころなのにやたらストリングが耳についたり)

Precious Grain

ここ最近はライブでばかり聴いているので、レコーディング時点ではとても子供っぽいところがあるんだなと思ったのは発見だが、ハイレゾはあんまり関係ない。LTP02の内容は48kHz/24bitがオリジナルらしいのでコロムビア音源とはちょっと扱いが違うが、音の余裕があるところはあるけど……という感じでやっぱり大本が好みに合ってないんだろうなという感想になった。

ランティス音源が全般的にイマイチかというと、自分はSideMのほうは全般的にいいなぁと思っているところがあってこの辺はコンテンツによるのかなと考えている。ああ、MOON NIGHTのせいにされそう。

とまあこんな感じで。自分の意見としては買うのであればSMOKY FRUITS、生存本能ヴァルキュリア、Snow Wingsあたりはおすすめしたい。あとはバラード系とか各キャラソロ曲あたりが出てきたら買っておきたい感じですな。後はある程度音を聴く環境は整えた上でないとあんまり意味はないかなと思います。そもそもCDの音すらきっちり再生できてない可能性もありますからな。