読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シン・ゴジラを見たんだ(ネタバレあるかも)

映画・テレビ 特撮

www.shin-godzilla.jp

実は東宝特撮大好きなんですよ。

小さいころに84年のゴジラをテレビで見て、画面からこちらをにらみつけるゴジラに恐怖。同時期ぐらいにテレビでやっていたラドン地球防衛軍を何度も繰り返して見てるうちに、リアルタイムでvsシリーズの洗礼を受けつつ過去の昭和ゴジラも含めて昭和の東宝特撮をだいたい見て、vsデストロイアで最期を看取った。(ハリウッドと)ミレニアムシリーズでがっかりしたときを経て、再びのハリウッドでの映画で多少の溜飲を下げた。それが自分の東宝特撮遍歴であるわけです。

そんな自分がシン・ゴジラを見てきたわけですが……なるほど面白かった地震津波原発でいろいろあった今の日本で、リアリティを追求してゴジラを作るとなるとこうなるよなというのが十二分にわかる。そしてそれをしっかりと映像の説得力をもって作るとなるとこうなるんだ!という庵野総監督以下スタッフの力を見たと思います。一部で早口が気になる人もいるみたいだが自分は特に気にならなかったし、映画全体がスピーディーに展開して今までの東宝特撮ではあまり見たことのないカメラワークや各所にあふれる過去の特撮へのオマージュも見所であった。会議のシーンもカット割りの妙と役者の演技で飽きることもなく。*1話の展開としては全般的に淡々とした印象もありつつ感情をにじませる瞬間がアクセントになって、映画に引き込むのにも効果的であった。石原ひとみ演じるカヨコってあれ、言ってしまえば三大怪獣 地球最大の決戦の金星人とかその枠ですよね。だんだん時間たつにつれ心開いていく感じは、とっても昭和の東宝特撮っぽい感じがあってよかったです。なんだ十分に恋愛枠あるじゃないですか。

BGM面だと、やっぱ伊福部昭の曲が使われると「ああ、東宝特撮だな」とすり込まれているせいか満足度は高いです。エヴァは全く見たことないので、鷺巣詩郎のスコアも特に違和感なく場面場面にあった内容だったと思います。サントラほしいですね。

シン・ゴジラ音楽集

シン・ゴジラ音楽集

さて肝心の今回のゴジラですが確かにこんなのいたら怖い。vsシリーズで育ってきた身なので、ある種感情表現が豊かなゴジラをたくさん見てきているので、この話の通じなさそうなところが怖い。動き自体はとても多彩だったのにほんとに何を考えているのかわからないところが怖い。個人的には初代ゴジラとも84ゴジラとも違う怖さを感じて、また新しいゴジラ像ができあがったのかなという感じです。あと、青空の下でその姿を見ることができたのがよかったかなと。空間の広さを感じるとともにそこに異物がいるという違和感が嫌さを醸し出していました。ラストのあのカットはうーんどうなんだろう、個人的には若干蛇足感を感じるのですが。

最後に物足りない部分。シン・ゴジラは映画としてこういう路線で作るのは全く問題ないと思うのですが、自分が一番好きなゴジラ映画が怪獣総進撃のせいかやっぱり他の怪獣と戦うような迫力のあるシーンが見たいというがありまして。そういう「おおっ!?」と思えるシーンが少なかったのは若干物足りなさを感じました。*2 ラストのヤシオリ作戦も絵的には地味で思わず拳を握ってしまうような感情にはならなかったので、もしあらたにゴジラ映画を作るのであればそれこそ怪獣がいっぱい出てきて熱い展開もあるお祭り映画を作ってほしいなと思います。この人たちならたぶんできる。

まだまだ日本の映画はやれますよ。

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ

*1:柄本明さんが出るたびに「あっ、結城さん」と思ってしまうのはしかたないと思いたい

*2:2014年のgodzillaのほうがそういう意味では熱い部分が多かったかな